神戸から。目と手にうれしい手刺繍雑貨"  fito[フィト]。


印刷(プリント)や機械刺繍にはない、

「手刺繍」の魅力ってなんでしょう?

それは、

「糸の持つやわらかな風合い」
「表情を感じる糸の動き、糸やビーズの立体感」
「ひとつひとつ表情が違うこと」 

イトイットでは、その手刺繍の技術が素晴らしいベトナムのパートナーの工房と一緒に
ものづくりをしています。

|  

イトイットが商品を企画して図案を描き、
パートナー工房が手刺繍、縫製をします。

イトイットのオリジナリティの高い図案と、
パートナーであるベトナム工房の高い技術が組み合わさることで、唯一無二の手刺繍雑貨を生み出しています。 


fito[フィト]のBASE ショップ     https://fito.thebase.in/

fito[フィト]のCreema ショップ     https://www.creema.jp/c/fito/item/onsale


fito[フィト] の手刺繍への想い


手刺繍の良さを魅力的に表現すること。
そこに小さなセカイを感じること。

図案を考えるときに私が大事にしていることです。

実際にどんなステッチを使うのかをイメージしながら、
たくさんの絵を描き、整理し、最適なステッチと配色を選びます。


fito[フィト]の美しい手刺繍を担うベトナムのパートナー工房もまた
素晴らしい技術とチャレンジ精神を持っています。

この工房と一緒にモノづくりをしたいという想いで始めたfito[フィト]。

それぞれの強みを活かして生まれるfito[フィト]の刺繍雑貨は、
fito[フィト]だからこその、
自信をもってお届けできるものです。


幼い頃から、
絵を描いたり、お菓子を作ったり、ものづくりをしたり、
手を動かしているのが私の日常でした。

そして、
工業デザインの仕事から、帯を織る織物職人に、
その後、
ベトナム刺繍のデザイナーになり、
喜んでくださるたくさんのお客様を見てきて、
一緒に喜びを感じてきました。

こんなにも誰かに喜んでもらえる仕事は私の天職。
そう思っています。

自分の感性にぴったりと合う雑貨を見つけたときの、
ウレシさ♪それを使うときの楽しさ♪


自分の"大好きなもの "にアンテナがある人は、
感性豊かな人だと思います。 

そして、
身にまとうもの、
使っているものは
その人自信の"コトバでは表せない感覚"を
周囲に語っています。

それは、「コトバではない自己主張」です。


そんなことのひとつずつの積み重ねが、
その人自身をつくっていく。


ぜひ
fito[フィト]の手刺繍で、
“小さな自己主張”を♪ 


fito[フィト]
ディレクター/刺繍デザイナー
淺田ソマ


fito[フィト]のBASE ショップ     https://fito.thebase.in/

fito[フィト]のCreema ショップ     https://www.creema.jp/c/fito/item/onsale