スマホやPCに貼る手刺繍。

手刺繍が好きな方も、
今まで刺繍に縁がなかった方にも
気軽に手刺繍を日常に 取りれて、手刺繍の魅力を感じてもらいたい! 
という想いから「ししゅール」は生まれました。


ししゅールをプラスワン。

ラッキーモチーフでもある「花まとう動物たち」で、〝小さな自己主張 〟を。


「ししゅール」は fito[フィト]のオリジナル商品です。 


ししゅールの制作工程。

画像準備中

刺繍デザイナー淺田ソマが描き、配色した図案を、
ベトナムのパートナー工房が丁寧に手刺繍。
その刺繍を淺田が1点1点加工し、ししゅールに仕上げています。

手シゴトで制作しているため、1点1点に刺繍の表情やステッチの雰囲気、
周囲のカットなどのニュアンスが異なります。

しかし、それは手シゴトの証。
その違いを楽しんで頂けますと嬉しいです。


質問!ししゅールのこと。

Q1.どんなものに貼れますか

プラスチック、金属、革、布、木製品などに貼ることができます。

ザラザラしたものへの粘着は剥がれやすくなります。
柔らかい布への貼付は、Q7を参照ください。


Q2.貼り直しはできますか。 

貼ったり剥がしたりが出来ますが、繰り返すと粘着度は下がっていきます。


Q3.ビーズが取れたり、刺繍がほどけたりしませんか。

ビーズはひとつひとつ糸で縫い付けてあります。
カバンやポケットの中の日常の出し入れなどでも、摩擦などでビーズが抜け落ちることはありませんので、 安心してご使用いただけます。

刺繍は本来、布を丈夫にするために考えだされた技法のため、刺繍部分はとても丈夫です。 また、ウラ糸処理もキチンとしており、オモテ布とウラ布が接着されているため、通常の使用で抜けることはありません。

*但し、糸が切れた場合は抜けてしまう可能性がありますので、尖ったものに引っ掛けないようにご注意ください。


Q4:刺繍が汚れた場合はどうしたら良いですか。

ししゅール自体は洗うことが可能ですので、清潔に永くご使用いただけます。


Q5:端がモケモケしてきました。

使い方によっては少し端(周囲)がモケモケしてきます。
それも、紙ではない布の良さですのでそのモケモケもゼヒお楽しみください。

どうしても気になる箇所がある場合は、ハサミでカットをお願いします。
その際は、ステッチやビーズを縫いつけている糸を絶対に切らないようにご注意ください。



Q6.スマホに貼ったら平置きでは使えないのでは。

スマホへの貼付けの位置によっては平置きした場合に安定しません。
解決策として、
 ①安定する中央部に貼る。 
 ②セットになっている丸いししゅールとの組み合わせで平置きのバランスを取る。
 ③使用時、タオルやハンカチなどの上に置いて使う。

と安定します。


Q7:布に貼り付けた場合、洗濯はできますか。

布への接着で、お洗濯に対応させる場合は、アイロン接着や縫い付けをしてください。

①アイロン接着のやり方・・画像準備中 

(接着したい布の裏側からアイロンをかけます。
高温でしっかり押し当てると粘着質が溶けて硬化し、生地にしっかりとくっつきます。
アイロンを充てる面の生地の素材に合わせて、アイロンの設定温度にご注意ください。
化繊の場合、高温だと溶けてしまいます。)

②縫い付け・・ブランケットステッチやまつり縫いで周囲をかがってください。
(粘着部分は針が通りにくいため、縫いにくさがあります。)


Q8:粘着しなくなってしまった場合はどうしたら良いですか。

  ①粘着テープを貼り直す⇒ご自身でされるか、ご依頼頂ければ対応いたします。(有料)

  ②布に縫い付けて使う。ご自身で縫い付けて使ってください。

Q9:

ブローチへの変更も承ります(有料)



ししゅールを持ってみたら・・・


「ししゅール」が生まれた日

「ししゅール」はどうやって生まれたの?

準備中。


fito[フィト]のBASE ショップ     https://fito.thebase.in/

fito[フィト]のCreema ショップ     https://www.creema.jp/c/fito/item/onsale